懸賞テクニック 懸賞で稼ぐ方法

ここでは、懸賞テクニック 懸賞で稼ぐ方法 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
懸賞には様々あります。テレビ、雑誌、インターネット。
これらの懸賞で当選するにはどうしたらよいのでしょうか。
ここで必要となることは懸賞主催者の心を知る、ということです。

インターネットで見つけたある懸賞主催者の本音をご覧ください
ある全国規模のチェーン店でのお話。
毎年○月○日をオープン記念と称しささやかなイベント事を多数開催しておりました。
その際、記念プレゼントとして5~6種のプレゼントを用意し(当選数計20~30名ほど)お店で応募用ハガキを配り毎年500~600通の応募がございました。
その中から抽選をするのですがこれが実に不公平に実施されていたのであります。 
まず、コメント記入なしの応募は即排除
残った中から常連さんを探し出し常連さんの中から数名抽選で選びます。
残ったコメント付応募の中からお店運営にあたり、お褒めもお怒りも含め有意義なコメントいただいたものを選出しその中から抽選で当選者を決めていました。 

他に開催した幾つかのプレゼントイベントではもちろん抽選箱のなかから無作為に選ぶことやサイコロ使って選ぶこともしました。 
抽選方法は応募側からは全く見えないものなので「公平公正に抽選しています」と明言されても、信用するしかありませんね。
 
所詮抽選する側も人間です。
仕事に追われ、忙しい時は手間かけずに選出しますし逆にマーケティングに必要なデータをとる場合は時間をかけて念入りに選出されてしまっていました。
 
応募する方も色々いらっしゃいました。
家族名義使って何十枚も応募している方もいれば小さなお子様が頑張って記入されたであろう応募や応募用紙のウラまでびっしりコメントいただいた応募などなど…。 
そんな中、どうしても目に止まってしまう(選んでしまう)のがキレイな字で書かれた応募挿絵入りの応募でした。
また、コメントあっても排除されたものは住所・電話番号等に記入漏れがある応募、何書いてあるのか読めない字で記入された応募規定枠内にひとつでも記入漏れのあった応募などです。


以上がある懸賞主催者のコメントです。
すべての懸賞主催者がこのような懸賞を行っているわけではありませんが、このように当選者を選出しているところも無いわけではないでしょう。

この主催者の懸賞に当選する確立を上げるには、赤文字にした部分を注意すればいいわけです。

赤文字にした部分を注意することは、すべての懸賞に共通した当選確率を上げる方法と、昔から言い伝えられてきたことです。

赤文字の部分を意識して実行することは、結構大変なものです。

その労力を無駄にする、主催者の裏切り、架空懸賞にも注意しなければなりません。

架空懸賞とは、最初から当選者を出すつもりのない、つまり賞品を用意していないもの。
もしくは、身内から当選者を出す、つまり応募者からださないものをいいます。

架空懸賞は、高額商品を目玉に応募を増加させ、企業宣伝することや、応募者の個人情報を販売すること等の思惑から行われます。
応募者の労力を無駄にする卑劣な行為です。

ここまでお読みいただき有難うございます。
言いたいことは現代、懸賞に当選することは、とても難しく、様々な工夫やテクニックが必要、ということです。
そして、当選する為に労力を費やし、工夫を凝らすが、架空懸賞などの行為で裏切られることもある、ということです。

今の時代、普通の人が運試しに懸賞に応募してもあたらないのです。
しかし、テクニック、コツといったもので当選率は確実に向上します。

その、テクニック、コツというものを、を今回情報として販売開始です。
誰でも手軽に実践して頂ける、確実な内容だと作者は自負しております。
販売後の作者によるサポートも納得いくまで質問を行える様です。

商品が次々と自宅に届く、興奮の毎日を…下のノウハウ商材から

懸賞テクニック 懸賞で稼ぐ方法 2週間で結果が出ます
是非この情報を手に入れて素敵な懸賞ライフをお過ごしください。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://inocent.blog16.fc2.com/tb.php/562-9b3a24f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
懸賞で、ネットから無料で応募できるものを集めました
2006/08/30(水) 02:16:55 | 懸賞
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。